DynaEye11 高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア

Entry製品の価格表

OCR機能に加え、確認・修正画面が同梱されるため、ご購入後すぐに業務でお使いいただけます。

活字のOCR用途にオススメ!

手書き文字のOCR用途にオススメ!

OCR結果の確認・修正を複数名で
効率よく行う場合はこちら!

DynaEye 11 Entry

DynaEye 11 Entry
AI-OCR

DynaEye 11 Entry
マルチステーション

初期ライセンス(税抜)
1,008,000円

継続ライセンス(税抜)
168,000円/年

初期ライセンス(税抜)
2,016,000円

継続ライセンス(税抜)
336,000円/年

初期ライセンス(税抜)
480,000円

継続ライセンス(税抜)
80,000円/年

活字(英数字・日本語)、QR/バーコード、マークなど帳票に用いられる様々な文字認識が可能
(1文字枠内に記載された手書き文字認識も可能)
フリーピッチの手書き文字や、枠外記入/斜め記入/取消線・文字上の押印被り記入などを高精度に認識
枚数制限なくOCR使い放題
オンプレミス型製品(PC内でOCR処理実行)のため、情報漏えいリスクなく安心してご利用可能
OCR定義作成画面を同梱
OCR結果を複数名で効率よく分散確認
  • 初期ライセンスは、1年間の使用権とサポートサービスを含んだライセンスです。2年目以降は継続ライセンスの購入が必要です。
  • 初期ライセンスには、「サポートサービスご利用の手引き」が添付されます。
  • 製品の納品後に、Webフォームからのサポート情報登録が必要です。
  • インストーラは、Webサイトから評価版をダウンロードするか、「メディアパック」を購入いただく必要があります。
    Webサイトから評価版をダウンロードする場合は、「メディアパック」を購入いただく必要はありません。
  • マルチステーションのインストーラは、各メディアパックに含まれます。
  • マルチステーションは、1台のEntry/Entry AI-OCRインストール済みPCに対して、Entryマルチステーションは最大20台まで接続可能です。
    マルチステーション利用時は、お使いのネットワーク環境やEntryマルチステーションの接続数が動作速度に影響を与える可能性があるため、評価版にて事前検証をお願いします。
  • インストール後に、ライセンス認証が必要となります。端末がオフライン環境の場合、インターネット接続可能な別端末が必要となります。
    インストール後、60日間は評価版として使用可能です。
  • ライセンス認証の有効期限を過ぎた場合、31日後に利用不可となります。

SDK製品の価格表

DynaEye 11のOCR機能をお客様の業務アプリケーションに組み込んでご利用いただくことが可能です。

活字のOCR用途にオススメ!

手書き文字のOCR用途にオススメ!

DynaEye 11 SDK

DynaEye 11 SDK
AI-OCR

初期ライセンス(税抜)
540,000円

継続ライセンス(税抜)
90,000円/年

初期ライセンス(税抜)
1,080,000円

継続ライセンス(税抜)
180,000円/年

活字(英数字・日本語)、QR/バーコード、マークなど帳票に用いられる様々な文字認識が可能
(1文字枠内に記載された手書き文字認識も可能)
フリーピッチの手書き文字や、枠外記入/斜め記入/取消線・文字上の押印被り記入などを高精度に認識
枚数制限なくOCR使い放題
オンプレミス型製品(PC内でOCR処理実行)のため、情報漏えいリスクなく安心してご利用可能
PCで実行する分散システムやサーバで実行する集中システムのアプリケーション開発が可能
OCR定義作成画面を同梱
  • 開発用に必要なライセンスです。開発端末の台数に応じた製品の購入をお願いします。
  • 初期ライセンスは、1年間の使用権とサポートサービスを含んだライセンスです。2年目以降は継続ライセンスの購入が必要です。
  • 初期ライセンスには、「サポートサービスご利用の手引き」が添付されます。
  • 製品の納品後に、Webフォームからのサポート情報登録が必要です。
  • インストーラは、Webサイトから評価版をダウンロードするか、「メディアパック」を購入いただく必要があります。
    Webサイトから評価版をダウンロードする場合は、「メディアパック」を購入いただく必要はありません。
  • インストール後に、ライセンス認証が必要となります。端末がオフライン環境の場合、インターネット接続可能な別端末が必要となります。
    インストール後、60日間は評価版として使用可能です。
  • ライセンス認証の有効期限を過ぎた場合、31日後に利用不可となります。

ランタイム・サーバランタイムの価格

SDKで開発したアプリケーションをお客様環境に組み込んで動作するために必要な製品です。

製品名 概要 初期ライセンス
(税抜)
継続ライセンス
(税抜)
DynaEye 11 ランタイム SDKを利用して開発したアプリケーションの運用端末向け実行環境用ライセンスです。 ¥240,000 ¥40,000
DynaEye 11 ランタイム

5ライセンス

¥1,170,000 ¥195,000
DynaEye 11 ランタイム

20ライセンス

¥4,500,000 ¥750,000
DynaEye 11 ランタイム

100ライセンス

¥21,000,000 ¥3,500,000
DynaEye 11 ランタイム AI-OCR SDKを利用して開発したアプリケーションの運用端末向け実行環境用ライセンスです。
「DynaEye 11 ランタイム」に加えてフリーピッチ手書き文字や活字を高精度に認識可能です。
¥480,000 ¥80,000
DynaEye 11 ランタイム AI-OCR

5ライセンス

¥2,340,000 ¥390,000
DynaEye 11 ランタイム AI-OCR

20ライセンス

¥9,000,000 ¥1,500,000
DynaEye 11 ランタイム AI-OCR

100ライセンス

¥42,000,000 ¥7,000,000
DynaEye 11 サーバランタイム SDKを利用して開発したアプリケーションのサーバ向け実行環境用ライセンスです。 ¥4,200,000 ¥700,000
DynaEye 11 サーバランタイム AI-OCR SDKを利用して開発したアプリケーションのサーバ向け実行環境用ライセンスです。
「DynaEye 11 サーバランタイム」に加えてフリーピッチ手書き文字や活字を高精度に認識可能です。
¥6,300,000 ¥1,050,000
DynaEye 11 サーバランタイム
PDFオプション
サーバ環境にてPDFファイルの入出力をする場合は、DynaEye 11 サーバランタイム PDFオプションが必要です。 ¥1,200,000 ¥200,000
  • SDKを使用して開発したアプリケーションを他の端末で運用するために必要なライセンスです。端末の台数に応じて製品の購入をお願いします。
  • 動作環境が、サーバの場合、サーバランタイムライセンスが必要となります。サーバに搭載されているプロセッサ数に応じた購入をお願いします。
    • シングルコアプロセッサの場合は、1プロセッサあたり1ライセンスの購入が必要です。
    • マルチコアプロセッサの場合は、コア総数に0.5を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。
  • サーバでPDFファイルを処理する場合は、「DynaEye 11 サーバランタイム PDFオプション」が必要です。
  • 開発用に別途「DynaEye 11 SDK」もしくは「DynaEye 11 SDK AI-OCR」が必要です。
  • 初期ライセンスは、1年間の使用権とサポートサービスを含んだライセンスです。2年目以降は継続ライセンスの購入が必要です。
  • 製品の納品後に、Webフォームからのサポート情報登録が必要です。
  • 各インストーラは、SDKのメディアパックに含まれます。
  • Entry/SDK製品とは異なり、ライセンス認証は不要です。