1. ホーム > 
  2. ネットワークプロダクト > 
  3. ネットワークセキュリティを強化する iNetSec > 
  4. 脆弱性対策にも「iNetSec SF」

脆弱性対策にも「iNetSec SF」 脆弱性を狙った攻撃が多発!
セキュリティパッチ未適用PCの
いち早い把握・対処が必要です!

セキュリティの
緊急課題:脆弱性
セキュリティパッチ
未適用PCのいち早い
把握・対処が必要!

日々発見されるOSやアプリケーションの脆弱性の数は公表されているものだけでも年間1万件以上にも及びます。
年々その数は増えており、脆弱性を狙った攻撃も多発しています。
ウイルス感染や不正アクセスによる情報漏洩などの事故が起きてから脆弱性の未対応に気づく前に、
今すぐにでも脆弱性対策を行うことをオススメします!

セキュリティパッチが
適用されていないPCが
マルウェア感染や
不正アクセスのリスクに!

脆弱性は、OS・アプリケーションの欠陥・仕様上の問題ですが、これを放置したままにすると、その脆弱性を狙って攻撃され、
ウイルス感染・不正アクセス・遠隔操作の結果、情報漏洩などの被害にあう可能性があります。
数年前に、脆弱性のあるWindows PCが、WannaCryというランサムウェアの一種に感染して世界的に被害が拡大した事件も記憶に新しいところです。

OSやアプリケーションの最新のセキュリティパッチが
適用されておらず、脆弱性が残るPC…
不正アクセス・ウイルス感染・
遠隔操作の結果、
情報漏洩・
身代金要求・攻撃の踏み台
などの可能性も…
社内に残る Windows 7のリスク...
  • 2020年1月14日にサポートが終了したWindows 7。
    今後、脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが提供されることはありません。
    ※有償のESU(Extended Security Updates)を適用していない場合。
    社内にWindows 7が残っているかどうか、すぐにでも確認する必要があります。
とはいえ…

社内すべてのPCを
常に最新の状態にし、
それを確認することも
難しい...

こうした脆弱性は、製品開発元から提供されるセキュリティパッチを適用すれば解決できます。
社内のすべてのPCに最新のセキュリティパッチを適用し、常に安心・安全な状態を保つには、
先ず、適用すべきセキュリティパッチが何かを管理者が洗い出す必要があります。
そして、そうしたセキュリティパッチが社内のすべてのPCに適用されているか、確認する必要があります。
しかし、OS・アプリケーションの種類・バージョンは数多く、管理者がExcelなどで管理していては、管理者の負担が大きくなりすぎます。

手作業の管理は
手間がかかりすぎる…

次々とリリースされる
セキュリティパッチの
確認が大変…
PCが最新の状態か確認するには、
最新のセキュリティパッチの番号や
バージョンを知る必要があります
  • 全てのPCのOS・アプリケーションが
    最新かどうかチェック
管理者が一台一台、
人力でチェックして、
Excel管理するのは負担が大きい…
iNetSec SFなら!
iNetSec SF

PCの脆弱性を自動検知
セキュリティパッチ
適用
を支援
iNetSec SF で実現する
脆弱性対策

こうした脆弱性の問題を解決するのが、セキュリティ対策アプライアンス「iNetSec SF」の脆弱性検査機能(オプション)です。
脆弱性検査辞書により、最新のセキュリティパッチ情報が配信され自動でポリシーを更新。最新のセキュリティパッチが適用されていないPCを、ネットワーク接続時にチェックし、ポリシー違反のIT機器を自動で遮断します。さらに、遮断されたPCのユーザーに対処方法を表示して、セキュリティパッチ適用を支援します。
煩雑な管理で漏れが多く発生していた脆弱性対策の課題を解決できます。

※脆弱性検査機能は、Windows OSのみ対応となります。また、エージェント導入が必要となります。

脆弱性対策・・・・・
iNetSec SFを
オススメする理由

理由①

辞書配付サービス

iNetSec SFでは、Windows、Microsoft Office、Adobe製品などの最新のセキュリティパッチ情報を辞書として提供。これにより、管理者自身によるセキュリティパッチ情報の確認、検査項目の作成は不要。自動的に最新のセキュリティパッチの検査が行えるようになります。

辞書配付サービス

充実の検査項目
OS・アプリケーション
Windows/Officeセキュリティパッチ
アプリケーションパッチ (Adobe Reader/Adobe Flash Player/Java)
ウイルス対策ソフト
理由②

ポリシー違反のPCをネットワークから自動遮断

iNetSec SFの脆弱性検査機能(オプション)を利用すると、社内ネットワークに接続されているPCに対して「最新のセキュリティパッチが適用されているか」「ウイルス対策ソフトが最新になっているか」などを検査し、ポリシー違反のPCを自動的に遮断することができます。

ポリシー違反のPCをネットワークから自動遮断

理由③

管理者の運用負荷を軽減する機能の数々

iNetSec SFは、脆弱性が検出されたPCに対処方法を記載したメッセージを表示するので、PCの利用者自身で脆弱性に対処できます。
また、iNetSec SFは、脆弱性が検出されたPCをネットワークから遮断して、対処を強制することもできます。

管理者の運用負荷を軽減する機能の数々

■「ポリシー違反=即遮断」ではなく、警告により猶予を持たせる柔軟な運用も可能です。

すぐにでも脆弱性対策を行いたい
というお客様へ!

セキュリティ対策アプライアンスiNetSec SF

ネットワークに接続されたすべてのIT機器を見える化し、
不正持ち込みIT機器など、リスクのあるIT機器をネットワークから遮断する
セキュリティ対策アプライアンス(ハードウェア)製品です。

不正接続防止ツール
「iNetSec SF」の導入と共に、
脆弱性検査機能(オプション)の
利用をご検討ください。

iNetSec SF
効果を試してみませんか?

導入を検討されているお客様に、
2週間、iNetSec SF 510(オンプレミス版・クラウド版)
を無料で貸し出しいたします。

便利な専用情報サイト

無料貸し出しユーザー様向け専用サイトから、
ご利用に必要な様々な情報をご提供しています。

すぐに効果を実感

1週間ほど繋げておくだけで、
管理外機器のネットワーク接続実態を見える化します。
簡単に導入でき、すぐに効果を実感いただけます。

お問い合わせ Contact

購入/導入をご検討されているお客様につきましては、ご質問/お見積/システム導入など、何なりとご相談ください。
「お問い合わせ」より、お気軽にお問い合わせください。カタログ、紹介資料などは「資料請求」よりご依頼ください。

サポート・技術情報

製品をお買い上げいただいたお客様に、
本製品をご活用いただくための様々な情報をご提供いたします。