本人確認エッジソリューション

対面業務を進化させる
本人確認エッジソリューション Caora

Caoraは、簡単・セキュアに本人確認を可能とするエッジソリューションです。
その第一弾として、AI顔認証エンジンを搭載し、医療業界で豊富な導入実績をもつ当社イメージスキャナー(注1)と情報KIOSK端末(注2)で培った技術、ノウハウを結集して、マイナンバーカードをはじめとする身分証明書(ID)などと来訪者本人の顔の比較を行い本人認証するインテリジェント端末を開発しました。 本インテリジェント端末は、タッチパネルにより利用者自身で操作できるため、受付担当者との対面機会を減らし感染症のリスクを低減でき、あらゆる顧客接点現場(エッジ)でご活用いただけます。
この端末を医療機関・薬局向けに応用し、厚生労働省が2021年10月に運用を開始した「オンライン資格確認」に対応した端末として提供しています。

トピックス

PFUの技術と
ノウハウを結集したCaora

  • 鮮明な画像を取得

    本人認証を行う手順の中でカードの券面を正確に読み取るため、文字の視認性が高い画像を生成する特許取得済みの「Wスキャン技術」を搭載

  • 文字認識

    生成された画像から正確な文字認識をするため、業務用OCRソフトウェア国内シェアNo.1(注3)の当社OCRソフトウェア「DynaEye」の技術を活用

  • 簡単操作

    国内導入実績No.1の情報KIOSK端末で培ったセルフ端末のノウハウを活用し、初めての方でも迷うことなく操作が可能

  • 簡単導入・安心運用

    複雑な手順や設定は不要で失敗なし、直感的で分かりやすい設定ツールで時間がかからず簡単導入が可能
    運用中に万が一問題が発生した場合でも、いち早く発見して復旧・解決が可能

  • 品質、信頼性、耐久性

    様々な試験を行い当社品質評価基準をクリア、安心・安全で信頼される製品を提供

    イメージスキャナー
    fi-7160
    情報KIOSK端末
    MEDIASTAFF TM2モデル

~開発者が語る~

Caoraは様々な業務、用途で利用可能

業務アプリケーションを変えることで、医療機関、試験会場、金融機関、公共機関、各種契約、ホテルのチェックインなど本人認証を行う様々な業務、用途に応用が可能です。

応用製品

医療機関・薬局向け

顔認証付きカードリーダー Caora

お問い合わせ

  • (注1) 業務用イメージスキャナー fiシリーズは、世界シェアNo.1です。
    https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/peripheral/scanners/fi/
    パーソナルドキュメントスキャナー ScanSnapシリーズは、発売から20年間で累計600万台を超える台数を出荷しています。
    (2001年7月から2021年6月末までのPFUからの販売台数、PFU調べ)
  • (注2) 情報KIOSK端末は、セルフサービス情報端末(KIOSK)市場国内導入実績No.1です。
    (セルフオーダー・複合機一体型などを除く2017-2019年の累計出荷台数に占めるシェアより、株式会社中日社2020年度調査)
  • (注3) DynaEyeは、業務用OCRソフトウェアの国内シェアNo.1です。
    https://www.pfu.ricoh.com/dynaeye/product/dynaeye10/
    (「DynaEyeシリーズ」を対象とする、富士キメラ総研「ソフトビジネス新市場 2020 年版」< 2019 年度>(提供形態:パッケージ)の集計)